ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

欲しい安全靴を見極める!安全靴の選び方

欲しい安全靴を見極める!安全靴の選び方


あなたは普段、安全靴を履いていますか?
それとも、初めての安全靴をどれにしようか検討中ですか?

工事現場はもちろん、工場や倉庫作業まで、ありとあらゆる職場で使用されている安全靴。

種類も多く、値段もさまざま。
機能性などの説明も、聞き慣れない言葉が多いですよね。

「デザインで選べばいいんでしょ!」


と思っている人がいたら、安全靴選びに失敗しないように
ぜひこの記事を読んでから、安全靴をお選びください!

JIS規格とか、JSAA規格って何?


靴の先に芯(しん)が入っている、いわゆる安全靴であれば大丈夫という職場がほとんどですが、一部の厳しい工場や作業現場では、規格に合格している商品を指定される場合があります。

その規格とは、日本工業規格(JIS)と、公益社団法人日本保安用品協会(JSAA)が定めている、安全靴・作業靴の規格です。

JIS規格


JIS規格の安全靴

JIS T 8101 安全靴
「主として着用者のつま先を先芯によって防護し、滑り止めを備える靴」と定義されています。

参照元:http://www.anzengutsu.jp/about/jis.html


このJIS規格に合格し、JISマークが付いているものが正式に「安全靴」という名称になります。
JIS規格は先芯や強度だけでなく、甲皮(靴の素材)まで指定されており、主に革製が主流で、長靴などには総ゴム製も認められています。厳しい基準をクリアしているため、安全性・耐久性に優れていることが特長です。


JSAA規格


JSAA規格のプロテクティブスニーカー

公益社団法人日本保安用品協会制定のプロテクティブスニーカー規格(JSAA規格)にて定める一定の安全性能や耐久性を備える作業靴を総称して“プロスニーカー”と呼んでいます。
プロスニーカーは、より呼びやすく親しみやすい呼称として誕生したプロテクティブスニーカーの略称であり、“安全のプロが作った作業用スニーカー”として命名した愛称でもあります。

参照元:http://prosneaker.jp/prosneaker/index.html


上記のように、JSAA規格に合格しているシューズは「プロテクティブスニーカー」という正式名称があります。
JIS規格ではないので、正式な「安全靴」という定義からは外れてしまいますが、JSAA規格も厳しい審査をクリアして認定されており、規格の安全度に大きな違いはありません。

下記はJIS規格とJSAA規格の対比表です。

項目 安全靴 プロテクティブスニーカー 特徴
基準規格

JISJIS規格

JSAAJSAA規格

JISは国家標準の日本工業規格、JSAAは公益社団法人日本保安用品協会の制定規格です。
作業区分 ● 重作業用(H種)
● 普通作業用(S種)
● 軽作業用(L種)
● 普通作業用(A種)
● 軽作業用(B種)
つま先の防護性能等の安全性能や耐久性の違いにより、「安全靴」は3つの作業区分に、プロテクティブスニーカーは2つの作業区分に分かれています。
甲被の種類 ● 牛革製
● 総ゴム製
● 革製・ゴム製
● 人工皮革製
● 合成皮革製
● 編物製
● プラスチック製
安全靴として規定されている牛革は、耐久性に優れています。一方、プロテクティブスニーカーに主として使用されている甲被素材は、牛革に比べ耐久性は劣りますが、素材としての自由度があり、多様なデザインを実現します。
製法 ● インジェクション式
● バルカナイズド式
● セメンテッド式
主流は
● セメンテッド式
● インジェクション式
セメンテッド製法は、多様な靴底を使用する場合の底付方式として広く利用されています。バルカナイズド製法やインジェクション製法は、各種油や溶剤及び酸、アルカリ等の浸入を防ぐ設計が施されています。


参照元:http://prosneaker.jp/prosneaker/index.html#compare



JIS規格に合格していないシューズは、正式に「安全靴」と言えません。
しかし販売店では、お客様に親しまれている「安全靴」を作業用シューズ全般の通称として使用しています。

どの安全靴が、どの基準を満たしているのかわからない!という場合は、
このようなマークの有無を確認してみてください。

JIS規格とJSAA規格のマーク
安全靴をお使いになる工場や作業現場で、
「JIS規格」の安全靴  や 「JSAA規格」のプロテクティブスニーカーの指定がある場合は、
その安全靴を選ぶようにしましょう。

指定はないけれど、厳しい審査をクリアした安全靴のほうが安心だという方には、安全なうえに履きやすい「JSAA規格」のプロテクティブスニーカーをおすすめします。



スニーカータイプとマジックタイプどちらを選ぶ?


ベーシックでかっこいいスニーカータイプ


スニーカータイプの安全靴
一般的なスニーカーのように見えるため、職場内だけではなく、通勤時などタウンユースもできる、ひもを結ぶタイプの安全靴。
しっかり靴ひもを結ぶことで、足にぴったりフィットさせることが可能です。
靴ひもでサイズ調節がしやすく、ひもが劣化しても交換できるというメリットもあります。



簡単ワンタッチのマジックテープタイプ


マジックテープタイプの安全靴
脱ぎ履きのしやすさが人気のマジックテープタイプ。
靴ひものような微細な調節まではできませんが、ひもが解ける心配がありません。
工場や作業現場などの足元で、靴ひもが絡まる危険性を回避してくれます。
また作業用の手袋や軍手をしたままでも、マジックテープタイプなら簡単に脱ぎ履きができるのも魅力です。



スポーツメーカーと作業服メーカーの違い


人気急上昇中のスポーツメーカー発の安全靴


ディアドラの安全靴
アシックス(asics)やディアドラ(DIADORA)、ミズノ(MIZUNO)など、
人気のスポーツメーカーからも安全靴が続々と発売されています。
スポーツ用シューズのような、おしゃれでかっこいいデザインをそのままに、
JSAA規格などに基づいた確かな安全性が人気です。

アシックスの安全靴
また、スポーツ用シューズの製作で培われた足への負担を軽減するクッション性能など、
機能性にも優れているのが特長です。

デメリットとしては、少し値段が高いところでしょうか。
使用する作業現場によっては消耗スピードが早く、数ヶ月で買い替えることもあります。
6,000円以上の価格帯が多いため、買い替えが多い・消耗スピードが早い現場で働く人へはあまりおすすめできません。
そして商品の入れ替わりが激しく、販売終了(廃番)になってしまうことも多いため、注意が必要です。


おしゃれで安い!作業服メーカーの安全靴


ジーベックの安全靴
作業服メーカーの安全靴の良さは、なんといってもリーズナブル!
2,000円台から購入できるため、安全靴の消耗が激しく、買い替えが多い方にも安心です。
JISやJSAAなどそれぞれの規格に準じたものもありますし、
軽さや涼しさなど、機能に特化したシューズなど、その種類も豊富!
スポーツメーカーに比べ、価格はぐっと下がりますが、機能性が劣ることはありません

ブランドにこだわりのない方には、作業服メーカーの安全靴がおすすめです!

作業服メーカージーベックの安全靴
また、スポーツメーカーのシューズと比べると、品切れや販売終了(廃番)の可能性が低く、安定して使い続けることができます。
同じものを長く使いたいという方や、会社のユニフォームとして安全靴をご検討中の方にもおすすめです。


デザイン以外のこんな機能で安全靴を選びたい!


疲れにくさを重視するなら


軽量の安全靴軽い安全靴 02-85408

疲れにくさを重視するなら、「軽量」に特化した安全靴を選ぶのがおすすめです。
一般的なスニーカーの平均重量は片足:約350gですが、
安全靴でも片足:265gまで軽量化されているものもあります。
安全靴は重い、というイメージですが、
片足の重量を目安に選べば、より疲れにくいものを選ぶことができます。
軽い安全靴 02-85408を詳しく見る



涼しさ・蒸れにくさを重視するなら


涼しい安全靴ムレにくい安全靴 02-85112

一日中履いていると、どうしても靴の中が蒸れてしまいますよね。
仕事上、ずっと靴を脱がずにいる方も多いと思いますが、
靴の中が蒸れて、足のニオイの原因になってしまうことも。
そんなときは「ムレにくい安全靴」がおすすめです。
メッシュなどの通気性の高い素材を使った安全靴なら、不快なムレを軽減できます。

しかし、水を扱う現場や、雨天時などに浸水しやすいというデメリットもあります。
工場や倉庫作業など、屋内で作業をする方にはピッタリです。
ムレにくい安全靴 02-85112を詳しく見る



脱ぎ履きのしやすさなら


スリッポンタイプの安全靴かかとが踏めるスリッポン安全靴 02-85128

靴ひもを結んだり解いたりするのには、意外と時間がかかります。
内装業など、屋内と屋外を行き来する仕事だと、
靴のフィット感以上に、脱ぎやすさ・履きやすさが重要ですよね。
そんな方におすすめなのは、するっと簡単に履けるスリッポンタイプの安全靴です。

中には、かかとを踏めるタイプの安全靴もあり、脱ぎ履きが多い作業現場に最適です。
ただし、普通の靴のかかとを踏んでしまうと、靴が足にフィットしにくくなってしまい、ケガの原因となることもあるのでご注意ください。
かかとが踏めるスリッポン安全靴 02-85128を詳しく見る



おすすめの安全靴6選


作業服メーカー・ジーベックのおすすめ安全靴


ジーベックワークユニフォーム人気No.1!安くてベーシックなデザインの安全靴
ジーベックの安全靴 85402 セフティシューズ
商品番号:02-85402


圧倒的な安さと、シンプルでおしゃれなツートンカラーが人気の安全靴。樹脂先芯・抗菌防臭のインソールなど、機能性は抜群。耐油ゴム底なので、油を扱う工場などにも最適です。
安さと機能性を持ち合わせた人気安全靴です。
85402 価格
02-85402をもっと詳しく見る

ジーベックカラフルでスニーカーのようなデザインが人気の安全靴
ジーベックの安全靴 85402 セフティシューズ
商品番号:02-85127


スタイリッシュなデザインと、ビビットで鮮やかなカラーバリエーションが人気。鋼製先芯でJSAA規格A種認定のプロテクティブスニーカーです。靴ひものひっかかりや、ゆるみを防止する「ひもぽけ」機能付き。作業中の安全性がぐっとアップします!
85127価格
02-85127をもっと詳しく見る

ジーベック軽くてかっこいい!男女兼用のサイズがある軽量安全靴
ジーベックの安全靴 85114 スーパーめちゃ軽セフティシューズ
商品番号:02-85114


スニーカー並みの軽さ!片足360g(25.0cm)で疲れにくい軽量安全靴。22.0cm~29.0cmの男女兼用で使える幅広いサイズ展開と、おしゃれでかっこいい4色のカラーバリエーションが人気です。
85112価格
02-85114をもっと詳しく見る



高いリピート率で人気のアシックス安全靴


アシックス疲れにくく、甲高・幅広の方にもフィットしやすい安全靴
アシックスの安全靴 85114 安全シューズ・ウィンジョブ
商品番号:18-FCP103


JSAA規格A種認定。アシックスのプロテクティブスニーカー。ガラス繊維強化樹脂の軽量先芯を採用し、安全性抜群。通気性の良いメッシュ素材でムレにくく、スポーツシューズでも採用されているアルファゲルでかかとの衝撃を吸収し、疲れにくい履き心地を実現しました。
FCP103価格
18-FCP103をもっと詳しく見る

アシックスハイカットで足首までしっかりホールド!デザイン性も人気
アシックスの安全靴 85114 安全シューズ・ウィンジョブ[ハイカット]
商品番号:18-FCP203


JSAA規格A種認定。アシックス安全靴のハイカットタイプ。耐滑で滑りにくく、衝撃吸収で疲れにくい機能性と、おしゃれでかっこいいスニーカーのようなデザイン性が人気です。メッシュ素材採用でムレにくく、通気性も抜群。
FCP203価格
18-FCP203をもっと詳しく見る



高級感とこだわりぬいた機能性で人気急上昇・ミズノ安全靴


ミズノ軽量・クッション性を重視したミズノの安全靴
ミズノの安全靴 C1GA1700 安全靴 ALMIGHTY
商品番号:A4-C1GA1700


JSAA規格A種認定。軽さを徹底的に追求したミズノの安全靴。履くとすぐに軽さを体感できる、片足335g(26.0cm)。22.5cm~29.0cmまで対応、男女兼用で使えるサイズ展開と、細部までこだわったデザインが人気です。
C1GA1700価格
A4-C1GA1700をもっと詳しく見る


■作業服・作業着の全品バーゲン通販【ワークユニフォーム】はこちら


written by ユニネクWEB制作チーム

人気の記事

ユニフォーム×仕事人

「わくわくする日本一の文具店にしたい」会社の夢を実現させるためのユニフォームの選び方とは?

「わくわくする日本一の文具店にしたい」会社の夢を実現させるためのユニフォームの選...

vol.12 株式会社ホリタ/ホリタ文具様 なぜ仕事にはユニフォームが必要なのか。ユニフォームを着るとどんな効果があるのか。このコーナーでは、ユニフォームにこだわりのある仕事人にスポットを当て、ユニフォームに対する想い、お気に入りのポイント...

ライフスタイル

ネット通販で失敗しない!正しいサイズの測り方を知ろう

ネット通販で失敗しない!正しいサイズの測り方を知ろう

インターネットで洋服を購入したときに、いつもどおりのサイズを注文したのに、サイズが合わなかったという失敗談はありませんか? インターネット通販のデメリットは、実際に商品を手に取れないということです。 直接商品を見ることができないため、「色味...
Return Top