ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

加工の種類を知って、オリジナルユニフォームを作ろう!

加工の種類を知って、オリジナルユニフォームを作ろう!

こんにちは。ユニネクスタッフの黒瀬です。
突然ですが、ネットショップでオリジナルユニフォームを作ったことはありますか?

「ロゴ入りユニフォームを作ってみたい」
「でも、どうやって作ればいいんだろう・・・」
「自分のイメージ通りに仕上がるか不安・・・」
「ネットから加工の注文をするって、なんだかハードルが高い・・・」
と感じている方、案外多いかもしれません。

でも、オリジナルユニフォームができるまでの流れと、
加工の種類さえ知っていれば、意外と簡単に作れます。

私も、刺しゅう入りのオリジナルユニフォームを作った経験があるのですが、
思っていたより簡単に注文できて、しかも想像以上の仕上がりで驚きました!

そこで、今回はネットからオリジナルユニフォームを注文する流れと
加工の種類について、わかりやすくご説明いたします。
この記事を読むことで、
「案外簡単そうだな」
「オリジナルユニフォームを作ってみようかな」
と思っていただければ、とても嬉しいです!

そもそも、オリジナルユニフォームとは?

オリジナルユニフォームと聞いて、フルオーダーで作るユニフォームを想像していませんか?

ユニフォームにはお店や会社の看板になる重要な役目があるため、「オリジナルのものが作りたい!」と思われる方が多くいるようです。

しかし、実際のところ
「ユニフォーム自体のデザインから作ろうとすると、デザイン費や製作費で高額なお金がかかる・・・」
「大手企業や全国規模のチェーン店なら可能だけど、ウチはユニフォームにそこまで予算をさけない・・・」
というのが本音ではないでしょうか。

確かにフルオーダーで作るのはコスト面で大変・・・。

ですが、コストを抑えてオリジナルユニフォームをつくる方法があります。
それは、既存のユニフォームに、刺しゅう・プリントでオリジナルデザインを施す方法です。

ユニフォーム自体のコストを抑え、デザインを施すだけで世界に一つだけのユニフォームを作ることができる一石二鳥な方法です。

そこで今回は、コストをかけずに、オンリーワンなユニフォームが作りたい方にむけて、
既存のユニフォームにデザインを施す、オリジナルユニフォームの作り方をご説明します。

①既存のユニフォーム選びから、デザイン作り、完成までの流れ
②刺しゅうやプリントなどの加工方法
この2つさえおさえれば、簡単に作れます!

オリジナルユニフォーム作成の流れ

ではさっそく作成から完成までの流れをご説明いたします。
オリジナルユニフォーム作成の流れ 上の図が簡単な流れになります。次に各工程について詳しくご説明します。

【その1】ユニフォームを決める

まずは、加工するユニフォームを選びます。

選ぶときのポイントは3つ!下記をご参照ください。
original_uniform_image7 加工商品は、作成からお届けまでに2~3週間ほどお時間をいただいていますので、
余裕をもった日程でご準備ください。

【その2】デザインを決める

original_uniform_image9 既存の書体やカラーからでも、オリジナルユニフォームは作成可能です。
加工したいデザインがある場合は、事前にデータをご準備いただけると
より早く作成にとりかかれます。
「デザイン作成ができない・・・」という方は、
担当スタッフにご要望をお伝えいただければ加工デザインを作成いたします。
希望のデザインイメージもあらかじめ決めてからお問い合わせいただけると、
よりスムーズにイメージのすり合わせができます。

【その3】見積りや加工イメージを確認する

original_uniform_image8 お見積りや、必要に応じてユニフォームに加工したイメージをご提案します。
見積り内容・加工イメージに関しては、お客様にご納得いただけるまで打ち合わせをします。
※加工イメージのご提案は、ご購入予定の方のみ対応となりますのでご了承ください。

【その4】注文を確定する

見積り・加工イメージともにご納得いただけましたら、ご注文にお進みください。

【その5】ユニフォームの完成

ご注文後、1週間から10日ほどでオリジナルユニフォームが届きます。


加工の種類を知って、自分に合った加工方法を選ぼう


作成から完成までの流れを押さえたら、次は加工の種類をご説明いたします。

加工の種類は下記の通り全部で4つあります。
①刺しゅう加工
②カッティング転写プリント加工
③インクジェット転写プリント加工
④シルクプリント加工
それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分に合った加工方法を選びましょう。

①刺しゅう加工

刺しゅう加工とは?
◯ メリット
・洗濯に強い
・立体感が出るため、存在感のある仕上がりになる
× デメリット
・大きさや細さに制約があるため、小さなサイズの加工は難しい場合がある
☆ こういう方におすすめ
・高級感のあるデザインに仕上げたい方
・洗濯に強いため、工業洗濯する業種向き(作業現場・医療現場・飲食店など)

②カッティング転写プリント加工

カッティング転写プリント加工とは?
◯ メリット
・文字中心の大きいサイズのプリントであれば、フチなしでキレイな仕上がりのプリントが可能
・金や銀などの色の表現が可能
× デメリット
・色は基本色のみの対応
・複雑なデザインや文字・線の細いものはカットができないため不可能
・縫い目など段差のない部分にのみ対応可能
☆ こういう方におすすめ
・少ない枚数から加工できるので、コストを抑えたい方向き
・工業洗濯でユニフォームをお手入れしない方

③インクジェット転写プリント加工

インクジェット転写プリント加工とは?
◯ メリット
・細かいデザインでもプリント可能
・複数の色を使用したプリントが可能
× デメリット
・細かい切り抜きはできないため、デザインの周りにフチがつく
・金・銀・蛍光色などの色は表現不可
・縫い目など段差のない部分にのみ対応可能
☆ こういう方におすすめ
・細かいデザインのロゴを加工したい方

④シルクプリント加工

シルクプリント加工とは?
◯ メリット
・直接インクを付けてプリントするため、耐久性があり洗濯にも強い
・プリントをする数が多ければ多いほど割安になる
・大きいデザインでも、プリント単価が安い
・mm単位の細かいデザインも表現可能
× デメリット
・初回に製版費用10,000円(税別)がかかる
・9枚以下での追加ができない
・基本的に縫い目など段差のない部分にのみ対応可能
・大きさにも制限がある
☆ こういう方におすすめ
・細かく色指定ができるため、デザインを忠実に再現したい方向き
・洗濯に強いため、工業洗濯する業種向き(作業現場・医療現場・飲食店など)

おわりに

いかがでしたでしょうか。
読む前よりも、オリジナルユニフォーム作成への不安が解消されていましたら嬉しいです。

オリジナルユニフォームを作る上で1番大切なことは
「こういうユニフォームが着たい!」というイメージを明確に持つことです。

自分たちの思いがつまったオリジナルユニフォームを作ってみませんか?

>>飲食店用のオリジナルユニフォームを作りたい方はこちら
>>医療・介護用のオリジナルユニフォームを作りたい方はこちら
>>作業服用のオリジナルユニフォームを作りたい方はこちら
>>事務服用のオリジナルユニフォームを作りたい方はこちら

written by 黒瀬晶子

人気の記事

ユニフォーム×仕事人

ユニフォーム×仕事人(福井県民生活協同組合様)

【宅配事業】ユニフォームのファッションショーで現場の声を反映!その取り組みの効果...

vol.13 福井県民生活協同組合(県民せいきょう)様 なぜ仕事にはユニフォームが必要なのか。ユニフォームを着るとどんな効果があるのか。このコーナーでは、ユニフォームにこだわりのある仕事人にスポットを当て、ユニフォームに対する想い、お気に入...

ライフスタイル

ユニネクセレクション見出し画像

シワになりにくい白衣の選び方・お手入れ方法を教えます!

「ユニネクセレクション」では、毎回ひとつのアイテムにフォーカスして、ユニフォームのプロが独自の視点で徹底紹介していきます。今回注目したのは「シワになりにくい白衣」について。毎日のお手入れが楽になるのはどんな白衣なのか、その秘密に迫ります! ...
Return Top