ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

知って得する!胸当てエプロンの正しい選び方

知って得する!胸当てエプロンの正しい選び方

「ユニネクセレクション」では、毎回ひとつのアイテムにフォーカスして、ユニフォームのプロが独自の視点で徹底紹介していきます。今回は、さまざまな職場で使用されている胸当てエプロン。胸当てエプロンはどれも一緒じゃないの?そう思っている方のために、胸当てエプロンの種類と選ぶ際に注目すべきポイントをご紹介いたします。


胸当てエプロンには意外と種類があった!

あなたが今使用している胸当てエプロンはどんな形をしているでしょうか?
たくさんのメーカーから販売されている胸当てエプロンは、形も多種多様です。
大きく分けると、4つの種類があります。
胸当てエプロンの種類
1つ目は、たすき掛け(X型)の胸当てエプロンです。
こちらのエプロンは背中部分の紐がアルファベットの「X」のようにクロスしています。

2つ目は、H型の胸当てエプロンです。
こちらのエプロンは、背中部分がアルファベットの「H」のようになっていて、
基本的には腰紐がない仕様になっています。

3つ目は、首掛け型の胸当てエプロンです。
文字通り、首にかけて着用するタイプで、肩紐と腰紐が別になっています。

4つ目は、かぶるタイプの胸当てエプロンです。
こちらのエプロンは珍しいタイプになりますが、
前と後ろどちらにも布があり、首からかぶって着用する仕様になっています。

ここまでで紹介した胸当てエプロンの中にも、
知らなかった形のものもあったのではないでしょうか?
購入する前にどんな形のものがあるのか知っておくと選びやすくなります。



形別のメリット・デメリット

4つの形状の胸当てエプロンがあることをお伝えしましたが、
それぞれの形によって、メリットやデメリットも異なります。
私が実際に着用してみて感じたことも含めて、まとめてみました。

たすき掛け(X型)胸当てエプロン

X型胸当てエプロン
◯ メリット
・ほどよい締めつけ感があり、安定感のある着心地が続く
・腰紐の調節次第で、自分のウエストサイズに合わせて着用できる
× デメリット
・着用する際に紐を通す必要があり、着脱に時間がかかる
・片方の腕を上げた際に、反対側の肩紐がズレてしまう可能性がある

H型胸当てエプロン

H型胸当てエプロン
◯ メリット
・ボタンで固定するものが多く、腰紐がないため着脱が簡単
・肩紐が太めになっているものが多く、体への負担が少ない
× デメリット
・腰紐がない分シルエットがストンとしているため、スタイリッシュさには、やや欠ける

首掛け型胸当てエプロン

首掛け型胸当てエプロン
◯ メリット
・首に紐をかけるので肩紐のずれがない
・着脱が簡単にできる
・後ろ姿がスッキリして見える
× デメリット
・首にかかる負担が大きくなる
・肩が凝りやすくなる

かぶるタイプの胸当てエプロン

被るタイプの胸当てエプロン
◯ メリット
・肩紐のない仕様でズレることもなく、体への負担が少ない
・体型をカバーできる
× デメリット
・2段階結ぶ必要があったり、着脱に時間がかかる

いかがでしたでしょうか?
それぞれの形によって、メリットもデメリットも異なっていますよね。
自分が重視する部分はどこなのかを考えながら選ぶと、失敗も少なくなりそうです。



形別!胸当てエプロンを選ぶポイントはこれ!

先ほど紹介したメリット・デメリットから、
胸当てエプロンを選ぶ際に注目すべきポイントとおすすめの商品を形別にご紹介いたします。
自分にぴったりの胸当てエプロンに出会えるかもしれません♪

たすき掛け(X型)胸当てエプロンを選ぶ際のポイント

X型の胸当てエプロンのデメリットは肩紐がズレやすい点と、着脱に時間がかかる点でしたね。下記のポイントに当てはまるものを選ぶと失敗しにくくなります。

1肩紐にズレ防止ループがある 2肩紐と腰紐が別々になっている
X型胸当てエプロンを選ぶポイント1 X型胸当てエプロンを選ぶポイント2
肩紐のズレが気になる方は、肩紐部分にズレ防止ループがあるものを選びましょう。ズレ防止ループがあると、クロスしている部分が安定し、腕を上げ下げしても肩紐がずれにくくなります。 着脱を簡単に行いたい方は、肩紐と腰紐が別々になっているタイプのものを選びましょう。肩紐と腰紐が別になっている胸当てエプロンは、背中の紐を調節する必要もなく、腰紐を結ぶだけで簡単に着用することができます。

ポイントを押さえた理想のX型胸当てエプロンはこちら

肩紐ループ付きでズレを防止!
お尻も隠れる人気のカフェエプロン
muneate_32-27328カフェエプロン[男女兼用]
商品番号:32-27328

肩紐と腰紐が別々だから着脱簡単!
ショート丈でお尻も隠れる胸当てエプロン
muneate_35-CT2398胸当てエプロン[男女兼用]
商品番号:35-CT2398




H型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント

H型の胸当てエプロンは、ボタンで着脱する分、サイズ選びを失敗するとブカブカになってしまいます。下記の点に気をつけて選ぶことが大事です。

1サイズ展開がある 2サイズ調節用のボタンがある
H型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント1 H型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント2
H型の胸当てエプロンを選ぶ際は、サイズ展開があるものを選びましょう。エプロンは男女兼用のものが多いため、男性と女性が同じ大きさのエプロンを着用すると、女性にとっては大きすぎてしまう可能性があります。 後ろ部分のボタンの位置が調節できるものを選びましょう。ウエスト部分だけでなく肩紐部分も調節できるものは、より自分のサイズに合わせることができるのでオススメです。

ポイントを押さえた理想のH型胸当てエプロンはこちら

M・L2つのサイズ展開あり!
太めの肩紐で肩こりまで軽減!
muneate_31-t134カラーエプロン[男女兼用]
商品番号:31-T134

サイズ調節用のボタン付き!
自分のサイズに合わせて着用できる!
muneate_32-27326胸当てエプロン[男女兼用]
商品番号:32-27326




首掛け型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント

首掛け型の胸当てエプロンのデメリットは、首に負担がかかってしまうことでした。下記の点に気をつけて選ぶと体への負担が軽減されます。

1肩紐が太い 2肩紐の調節が簡単にできる
首掛け型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント1 首掛け型胸当てエプロンを選ぶ際のポイント2
肩紐が細いものに比べて太いものは、かかる力が分散するため、首への負担が少なくなります。 肩紐の調節が簡単にできるものを選ぶと、着脱する際も楽になります。

ポイントを押さえた理想の首掛け型胸当てエプロンはこちら

太めの肩紐で首への負担を軽減!
お尻もすっぽり隠れる女性の味方!
muneate_32-27202胸当てエプロン[女性用]
商品番号:32-27202

肩紐をボタンで簡単に調節できる!
ロング丈がおしゃれな胸当てエプロン
muneate_75-ki750<日本製>胸当てエプロン[男女兼用]
商品番号:75-KI750




かぶるタイプの胸当てエプロンを選ぶ際のポイント

1ウエストラインが綺麗に見える 2ボタン、アジャスター留めタイプ
かぶるタイプの胸当てエプロンを選ぶ際のポイント1 かぶるタイプの胸当てエプロンを選ぶ際のポイント2
かぶるタイプの胸当てエプロンのメリットは、体型がカバーできる点です。そのメリットを最大限に活かすためにも、ウエストラインが綺麗に見えるものを選ぶと良いでしょう。 デメリットの着脱に時間がかかる点を解消するためには、ボタン留めタイプのものや、アジャスタータイプのものを選ぶと着脱時の手間が軽減されます。

ポイントを押さえた理想のかぶるタイプの胸当てエプロンはこちら

ウエストを綺麗にみせる!
シンプルなシルエットが人気!
muneate_31-t6880レディースエプロン
商品番号:31-T6880

結ぶのは1回だけで着脱簡単!
フロントの留め具がアジャスター仕様
muneate_71-5-831ラップタイプエプロン[男女兼用]
商品番号:71-5-831



あとがき

胸当てエプロンを選ぶ際のポイントいかがでしたでしょうか?
私自身も実際にエプロンを着用してみて、いろいろなことに気付かされました。
そして同時に、デメリットを解消するためのメーカーの努力を感じました。
もし今使用している胸当てエプロンに不満があったり、
胸当てエプロンの新調をご検討されている方がいらっしゃいましたら、
こちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです!


written by 上山留奈

人気の記事

ユニフォーム×仕事人

「わくわくする日本一の文具店にしたい」会社の夢を実現させるためのユニフォームの選び方とは?

「わくわくする日本一の文具店にしたい」会社の夢を実現させるためのユニフォームの選...

vol.12 株式会社ホリタ/ホリタ文具様 なぜ仕事にはユニフォームが必要なのか。ユニフォームを着るとどんな効果があるのか。このコーナーでは、ユニフォームにこだわりのある仕事人にスポットを当て、ユニフォームに対する想い、お気に入りのポイント...

ライフスタイル

ネット通販で失敗しない!正しいサイズの測り方を知ろう

ネット通販で失敗しない!正しいサイズの測り方を知ろう

インターネットで洋服を購入したときに、いつもどおりのサイズを注文したのに、サイズが合わなかったという失敗談はありませんか? インターネット通販のデメリットは、実際に商品を手に取れないということです。 直接商品を見ることができないため、「色味...
Return Top