ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

コック帽子が長い理由、知っていますか?

コック帽子が長い理由、知っていますか?

料理人やシェフと聞くと、白くて長いコック帽をかぶっている姿を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。では、どうしてコック帽があのように長い形になったのか、みなさんご存知でしょうか?今回のユニフォーム豆知識では、コック帽が長くなった理由について特集します!

mame-201706main

コック帽の始まり

コック帽をかぶるキッカケを作った人とは?

今では料理人の定番スタイルとして、当たり前のようにあるコック帽ですが、どうやって誕生したのかご存知でしょうか?
ある一説では、フランスの料理人アントナン・カレームが、お客さんのかぶっていた高さのある白いシルクハットを気に入り、厨房でも同じような帽子をかぶったのが始まりと言われています。
mame-201706boushi
高さのある白いシルクハットを今に例えると、名探偵コナンに登場する怪盗キッドがかぶっている帽子のような感じですね!
当時は「国王のシェフかつシェフの帝王」と呼ばれるほどの有名なシェフであったため、他の料理人に広まり定着したのだそうです。

マリー=アントワーヌ(アントナン)・カレーム(Marie-Antoine(Antonin)Carême, 1784年6月8日 – 1833年1月12日)はフランスのシェフ・パティシエ。フランス料理の発展に大きく貢献し、当時は「国王のシェフかつシェフの帝王」と呼ばれていた。今日、カレームはいわゆる「有名シェフ」のさきがけ的人物として知られている。
Careme
参照元:http://10mtv.jp/pc/column/article.php?column_article_id=489

もう一つの説として、同じくフランスの料理人オーギュスト・エスコフィエが、背の低い自分の存在を目立たせるために長いコック帽をかぶり始めたという話もあります。


日本でコック帽が定着したのはいつ?

1927年に、日本の帝国ホテルがパリのリッツホテルにコックの留学生を派遣したのが始まりとされています。
修行を終え日本に帰国した留学生が、リッツホテルの「エスコフィエの帽子の逸話」を伝えたことがキッカケとなり、日本に広まったそうです。
長い帽子を被っていれば、人で込み合う調理場にいてもすぐに見つけられるので、とても合理的ですね。



コック帽の長さには意味がある!

さまざまな長さのコック帽がありますが、実はその長さにも意味があることをご存知でしょうか?特に日本では、コック帽の長さは料理人の地位の高さを表しています。
mame-201706tigai

帝国ホテルの場合、
  • 料理人見習い・・・18cm
  • 7年以上のキャリアを持つ料理人・・・23cm
  • 料理長またはそれ以上・・・35cm
また、リーガロイヤルホテルでは、
  • 管理職・・・40cm
  • それ以外の料理人・・・30cm
このような基準で決められています。

参照元:https://nzlife.net/archives/3478



長いコック帽は、長年の努力と成果の証、とも言えそうですね!


コック帽の長さ=地位の高さは世界共通?

日本ではコック帽の長さで地位を示していますが、意外にもコック帽発祥の地であるフランスでは、そのような決まりはありません。

もし、エスコフィエの背がもう少し高かったら、日本のシェフたちの帽子事情は、まったく違うカタチになっていたかもしれませんね。


コック帽が発揮する効果とは?

効果1料理長を見つけやすい
料理長を見つけやすい 先ほどの説にもありましたが、コック帽の長さは存在を誇示するために活用できます。長いコック帽をかぶることで、目印となり料理長を見つけやすくなります。
効果2熱がこもらず蒸れない
熱がこもらず蒸れない コック帽は頭の上に空間ができています。それにより、熱がこもらず頭が蒸れる心配はありません!また、髪の毛や汗が流れ落ちることを防げます。
効果3お客様からの信頼感がアップする
お客様からの信頼感がアップする 帽子をかぶっていない料理人が作った料理は、なんとなく髪の毛や汗が入っているのではないか・・・と疑ってしまいますが、コック帽をかぶっている料理人が作った料理だったら、衛生的で安心して食べることができますよね。コック帽をかぶることは、お客様からの信頼感アップにも繋がります。

コック帽は重要なアイテム!

コック帽をかぶることは衛生面や、職場環境を清潔に保つうえでも、大事な役割を果たしてくれています。豆知識を通して、コック帽への関心を持ってもらえたなら幸いです。機能性はもちろん、素材や仕様にもこだわった、オススメのコック帽をご紹介します!

綿100%!耐久性に優れたコック帽

火や水を扱う厨房でも、持ちこたえられる丈夫な綿100%のコック帽シリーズ!

耐久性のある山高帽。
ほどよい高さで女性にも最適。

mame201706-img-33-2山高帽
商品番号:33-2
シンプルな30.5cmのチーフ帽。
パティシエにも最適です!

mame201706-img-33-1チーフ帽
商品番号:33-1
丸天メッシュで快適なコック帽。
料理長・管理職の方におすすめ!

40cmのコック帽コック帽
商品番号:35-JW4608
丈夫なカツラギ素材を使用したコック帽!
珍しいブラックもご用意しています。

35-JW4658 コック帽コック帽
商品番号:35-JW4658

衛生面にこだわりぬいたコック帽

ワンランク上のコック帽といえばコレ!付属のメッシュが、職場の衛生面をしっかりサポートします。

O157対応抗菌!
安全性にこだわったコックベレー帽。

71-9-915 コックベレー帽たれ付 コックベレー帽たれ付
商品番号:71-9-915
体毛落下を徹底的に防ぐ、優秀コック帽。マジックテープで調節可能です。
71-9-885 コック帽たれ付 コック帽
商品番号:71-9-885

人気の記事

ユニフォーム×仕事人

ユニフォーム×仕事人(福井県民生活協同組合様)

【宅配事業】ユニフォームのファッションショーで現場の声を反映!その取り組みの効果...

vol.13 福井県民生活協同組合(県民せいきょう)様 なぜ仕事にはユニフォームが必要なのか。ユニフォームを着るとどんな効果があるのか。このコーナーでは、ユニフォームにこだわりのある仕事人にスポットを当て、ユニフォームに対する想い、お気に入...

ライフスタイル

ユニネクセレクション見出し画像

シワになりにくい白衣の選び方・お手入れ方法を教えます!

「ユニネクセレクション」では、毎回ひとつのアイテムにフォーカスして、ユニフォームのプロが独自の視点で徹底紹介していきます。今回注目したのは「シワになりにくい白衣」について。毎日のお手入れが楽になるのはどんな白衣なのか、その秘密に迫ります! ...
Return Top