ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

ユニフォームを通じて働く人を応援するユニネクマガジン

飲食店必見!不快感を与えない、失敗しないエプロン選び

飲食店必見!不快感を与えない、失敗しないエプロン選び

ユニフォームのプロが語る、なぜそのユニフォームを着る必要があるのか、本当にいいユニフォームの選び方、そしてその効果をご紹介するコーナー「ユニネクセレクション」。今回取り上げるアイテムは飲食店では必須のアイテム「エプロン」です。

 

人やお店の印象を大きく左右する「清潔感」

1cd52b169812ac79a025adcba60cc06b_s

ボロボロのユニフォームを使用しているだけで「不衛生だな‥」と、
不快感を与えてしまうこともあり、お店のイメージも下がってしまいます。
以下のような声があるように、清潔感がないお店だと思われてしまえば、
もう二度と来てもらえない・・・なんてことにもなりかねません。

「爪の汚れと身だしなみが悪い店は行かない」(男性60代)、「従業員の仕事が雑だと、衛生に対する教育もしっかりしてなさそう」(男性30代)

飲食店に不可欠とされていた「清潔感」、「身だしなみ」、「接客」など、「従業員教育」の徹底がますます必要とされているようです。
参照元:http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/200402/00022.html

そして、食の安全が話題に上がることが多い昨今、
世間の衛生面に関しての意識は高まってきています。

以下の資料を見ていただいても分かるように、全体の半分以上の人が食の安全・安心を気にしており、安心・安全を見極める項目として従業員の身だしなみ(制服や髪型)も見られていることが分かります。

uniselect_in1参照元:http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/200402/00022.html

そうは言ってもお仕事をしていれば汚れがついたり、
生地がくたびれてきたりと様々な問題が出てきます。
使用頻度が高いエプロンに関しては特にそうですよね?

ユニフォームを選ぶポイントは
デザインや機能性、価格などいくつもあると思いますが、
今回はキレイに長く使用して頂くことに焦点を当てた
エプロン選びの方法を挙げてみたいと思います。

 

Point1:色落ち防止にはポリエステル素材!

uniselect_poly

汚れやすく洗濯頻度も高いエプロンに必ず付きまとう問題が「色落ち」です。
特に黒や紺色などの濃い色は色落ちが目立ちやすく、
ムラになってしまうことがよくあります。

せっかく雰囲気の良いお店に入っても、
スタッフの方が色落ちしてくたびれたユニフォームを着用していると
なんだかガッカリしてしまうことはありませんか?
そんな問題を解決するために抑えて頂きたいポイントは
「ポリエステル素材を選ぶ」ということです!

エプロンの素材としてよく使われる素材として、綿とポリエステルがあります。
ポリエステルは綿に比べて生地を染めている染料の定着がよく、
洗濯を繰り返しても色落ちしにくいメリットがあります。
また形状安定性もあるので、シワや型崩れにもなりにくく
長く使って頂くには最適な素材となっております。

ポリエステル100%に近いほどその効果は高まりますが、
綿とポリエステルの混紡素材の場合はポリエステルの割合が高いものを選んでみましょう。

 

Point2:撥水、撥油加工で汚れ防止!

uniselect_hassui

飲食店ではお仕事中に水や油を使用することが多いかと思います。
その水や油を弾くことで、お仕事中にエプロンがシミになるのを防ぐ効果はもちろんあるのですが、実は、それだけじゃないんです!

そもそも汚れというのは水分を通して生地に定着してしまうことが多く、
そのため洗っても落ちにくい厄介な汚れになってしまうのです。

撥水や撥油加工がついているだけで
水や油の中に含まれる汚れも一緒に弾いてくれるため汚れが付きにくく、
キレイな状態で長く使って頂けます。

 

Point3:耐塩素加工の商品で漂白剤対策も完璧!

uniselect_hyohaku

最後のポイントとして耐塩素加工の商品を選びましょう!

耐塩素加工と言われてもあまりピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、
要するに「漂白剤に強い加工」の事を指します。

漂白剤が付着してその部分が変色する・・そんな経験はございませんか?
撥水、撥油加工だけでは防止できないのが「漂白剤による退色」で、
それを防止するのが耐塩素加工なのです。

濃色のエプロンを検討されている方、漂白剤を使うことが多いお仕事の方は
この「耐塩素加工」に注目して選んでみましょう。

 

漂白剤をつけても本当に色落ちしないのか?耐塩素加工の実験動画はこちら↓

こちらの動画を見ても分かるように、耐塩素(アンクル)加工のエプロンは
漂白剤を吹きかけても色落ちせず、キレイな状態を保てています!




以上、3つのポイントを踏まえてユニネクがオススメする商品はこちら↓





人気の記事

ユニフォーム×仕事人

ユニフォーム×仕事人(福井県民生活協同組合様)

【宅配事業】ユニフォームのファッションショーで現場の声を反映!その取り組みの効果...

vol.13 福井県民生活協同組合(県民せいきょう)様 なぜ仕事にはユニフォームが必要なのか。ユニフォームを着るとどんな効果があるのか。このコーナーでは、ユニフォームにこだわりのある仕事人にスポットを当て、ユニフォームに対する想い、お気に入...

ライフスタイル

ユニネクセレクション見出し画像

シワになりにくい白衣の選び方・お手入れ方法を教えます!

「ユニネクセレクション」では、毎回ひとつのアイテムにフォーカスして、ユニフォームのプロが独自の視点で徹底紹介していきます。今回注目したのは「シワになりにくい白衣」について。毎日のお手入れが楽になるのはどんな白衣なのか、その秘密に迫ります! ...
Return Top